家庭教師は、大学生のアルバイトとして定番の一つです。

しかし、高い学力が必要とされると考えられており、敬遠する人も多いのが特徴です。

実は、高校入試レベルの勉強は、大学の一般入試を通過してきた大学生にとってはそれほど難しくないものです。

推薦やその他の方法で入学した人であれば、中には厳しいと思われる人もいるかもしれません。

家庭教師をアルバイトとして働く人の中には、そのことを理解して家庭教師のアルバイトを始めたのだと思います。




家庭教師は、中学生・高校生のどちらの生徒にもかかわらず勉強を教えるためには、全ての科目を一定以上理解している必要があります。

大学入試を控える生徒を教えるのであれば、まさに自分が少し前に通過した場所であるため、家庭教師にはかなりの学力を必要とされますが、高校入試であれば、はるか前を通過した場所であるため、少しの復習で思い出すことが多々あります。

大学生が家庭教師をアルバイトとして仕事をするメリットがあります。




それは、拘束時間が他のアルバイトに比べて極端に短いことです。

家庭教師の生徒宅での滞在時間は、およそ1時間半から2時間くらいです。

自分の本職がおろそかにならずに済みます。

もう一つは、賃金の高さです。

通常のアルバイトをするよりも、家庭教師をする方が2倍以上給与が高いことも多々あります。

家庭教師は、勉強ができる人のアルバイトと思われがちですが、生徒に一番教える事ができる家庭教師とは、教え方が巧い人です。

Leave Comment